ハラスメント

「私が悪い・・・」と考えていませんか?

「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」など、職場でのハラスメントのお悩みを一人で抱えていませんか?
ムーア(moor)では、完全個室でお話が外部に出ることがありませんのでまずは、あなたにとって安全な場所でお話するところからスタートしていきましょう。
ハラスメントは心への負担がかなり大きいので、カウンセリングを交えた形で進めていきます。
「つらい」「苦しい」「やめたい」「ムカつく」「私ばっかり」など、あなたの心の中の気持ちを声にして外に吐き出していきます。カウンセリング要素が強くなりますが、ハラスメントは心への負担が大きいため、心の回復をさせながら進めていきます。そして、次の段階としてあなたに合う「環境」を目指して一緒に取り組んでいくという流れになります。

ハラスメント被害で苦しむ方のほとんどは、実は「環境が悪い」ことで苦しんでいることが多いのです。そのため、あなたが変えるポイントは考え方ではなくて、「環境」という可能性が非常に高いのです。

ハラスメント相談では、カウンセリングを交えながら何を変化させて行くのが良いかということを一緒に考えていきましょう。

ハラスメントを起こさないために(上司向け)

ハラスメントを起こさないために〜個別セミナー
部下とのコミュニケーションは取れていますか?もし不安を感じる場合は、パワハラと捉えられている可能性も・・・今も昔も、上司部下の信頼関係がコミュニケーションの基本となっています。しかし、時代の流れとともにコニュニケーションの取り方も変化しているのです。コミュニケーションが上手くいっていない場合は、ちょっとしたあなたの指導の言葉もパワハラと捉えられてしまうこともあるのです。
Aさんが言っても大丈夫なことが、私が言うと・・・パワハラに・・・この差は実はちょっとしたことから生じてくるのです。
この少しの差を知り、今から行動することで「パワハラ」で頭を悩ませることも少なくなります。
少しの差を知ることからスタートし、徐々に習慣を変化させていくため「トレーニング」要素が強くなってきます。習慣は一瞬では変化しないので、早い段階からハラスメントを起こさないための対策に取り組んでいくことが重要となります。

人材確保が厳しい今、ハラスメント対策は上司としての必須スキルとなっています。

年上の部下を持つケースも多いと思います。その関係や対応で苦しんでいる方も参考になることが多いので「ハラスメントを起こさないために〜個別セミナー」をご検討ください。